そとごはんでビオワインRacines

d0107243_16592442.jpg

とあるレストランで出していただいたワインが記憶に残るお味のワインでした。
完全にオーガニック全ての行程にこだわりを持って、
愛情をもって育てられたものらしいのです。
ワインに詳しい方は知ってるのかな〜。
私は白でビオで辛口が好きというぐらいしかわからないので・・・。
こだわりの自然農法はすごい・・・・。
記憶に残ったので帰ってからネットで調べてみました。
「桐だんすのような味わい」
フランスはロワール、クロード・クルトワという人が作るワイン。
トゥーレーヌというAOCを名乗れる土地で、あえてヴァンドターブルを造る。
酸化防止剤として使用されるSO2に対して、
体質的にアレルギーのある氏の造るワインは、
必然的にSO2無添加。
もちろん自然酵母による醗酵を行い、
古樽にて熟成される。

この古樽の香りが桐ダンスのような感じの表現なのだとおもいます。
翌日、全く体にアルコール感が残ってなくとても不思議でした。
100年を超える樹齢の木から造られるビオワインだとか。
Racinesは「根っこ」という名だそうです。
( Les Cailloux du Paradis "Racines)
独特の味が私は好きでした。
そして、このレストランもとっても素敵なお店でした。
偶然ですが、店内にエジプトの研究をしている吉村作治さんがいらしてて
最後に握手してもらいました(笑)
美味しい食事と親友にほっとするひとときでした♪
ONとOFFがたいせつですね!
[PR]
by manocaldo | 2012-02-16 20:58 | +おいしいこと

プライベートサロンマノカルドの日々のあれこれを綴るブログです


by manocaldo